レンタルサーバーを借りるには?

レンタルサーバーの利用開始は容易

昔は、個人がレンタルサーバーと契約しようとすると、大概のサービスでは書面でのやり取りが必要で利用開始までにだいぶ時間かかかっていたほか、月額費も高めの傾向でした。しかし、2000年代半ばから価格破格・サービス競争が起こり始め、そんな流れの中で書面での新規契約のやりとりがなく、申し込みに関する作業がWEB上で即日完了するような格安系のレンタルサーバーが増えてきました。そして、契約が即日で済むほか、ホームページ作りに欠かせないCMSも簡単DLできるようになっていて、サブドメインURLの形であれば契約から即日でホームページを公開するようなことも不可能ではありません。ただし、ネットショップ系CMSにてネットショップを構築する場合はやや時間はかかります。

ドメインの取得も簡単

大手のレンタルサーバーでは、ドメイン維持にはお金がかかることに目を付け、取得サービスを開始すれば維持費の支払いで安定的な収入を得られるため、多くがドメイン取得・管理事業を併せて行っています。そして、レンタルサーバー利用者向けに独自ドメインの取得を奨励しており、関連するドメイン取得サービスを利用すれば、個人でも即日で独自ドメインを取得することが可能です。なお、操作画面にてわずかな設定をするだけですぐにサブドメインサイトとして運営していたホームページを独自ドメインサイトにリニューアルすることができます。また、個人でドメインを取得する場合は個人情報保護が気になるところかもしれませんが、個人名を公開したくないは全世界に公開される情報を非公開(公開情報にはドメイン取得会社名が表示)で済むサービスもあるので心配いりません。